甘い審査などはないと言うけれど、訴え作戦はどう?

カードローンや消費者金融で借り入れができなかった方は、まとめローンの審査でも通らないことが多いです。ただし、カードローンなどでの審査で落ちたのが、総量規制で引っかかった場合は、まだ可能性はあります。

総量規制というのは、年収に対する借入限度額で、年収の3分の一の設定です。300万円の方は100万円ということですが、既に他社から70万円ほど借金がある場合、40万円の申込みをしたとしても審査に落ちます。こういうことで、もう金融機関から借り入れができないということで諦めるのは早いということです。

総量規制対象外とされるまとめローンの場合、もし上記の例で、

  • 300万円の年収
  • 現在複数社で70万円の借金

があるとします。

そこで、まとめローンで70万円の申し込みをした場合、一時的には140万円の借金額になります。しかし、すぐに70万円を使って完済をしたとすると、あとはまとめローンの70万円の借金額になります。以前と変わらないようですが、金利が大きく違うことに意味があります。

まとめローンのメリットは、複数社の消費者金融やカードローンよりも金利が低いことにあります。それがないと意味がないことですから、今度返済していくまとめローンの金利は低く、返済額は小さくなるということです。

もし、審査が甘いとされるまとめローンは少ないですが、現在70万円の借金をキレイにするためのまとめローンの使用目的をはっきりと口で担当者に告げてみましょう。Webだけで簡単に申し込みをするのではなく、目的をはっきりとさせ、もっと言うのなら、完済したカードローンや消費者金融などの契約を解消する事も言うと信用度は増します。

単純に、審査に落ちたからダメと考えずに、自分の意思を付けることでまとめローンができたという方もいます。