申込者の条件 借入に関する情報

消費者金融のおまとめローンの審査は、フリーローンと基本的には変わりません。

他社借り入れ状況

これは、フリーローンと違う点です。なぜなら、多重債務者だからおまとめローンができる点です。通常、既に他社借入があると、それだけで審査が厳しくなりますが、おまとめローンでは、他社借入ありきからの審査スタートです。

では、何社から借り入れをしていて、借入額はいくらですか?ということが問題です。
5社だからダメというのではなく、年収から見る負担率、返済能力がポイントになります。
必然的に貸付される金額が少ないほうが良いのですが、多分ダメと決めつけることもありません。おまとめローンとして返済できると判断されることで審査通過ができます。

決定的なNG

フリーローンでも大手消費者金融では、個人信用情報機関に事故情報があると審査は通りません。例えば、債務整理をして5年未満の方はおまとめローンの審査は通らないとされています。絶対に申し込みをしても無駄です。

金融業者の中でも、債務整理については5~10年はブラックリスト決定です。
大手消費者金融、銀行カードローン審査については、最初から利用ができません。
キャッシングもできないのなら、おまとめローンも無理です。

申し込みブラック

申し込みブラックの規定として、1ヶ月以内に3社以上の申し込みをしてしまうと、審査通過が難しいと言われています。金融機関のホームページTOPの簡易審査は良いのですが、本申込で住所などの個人情報を入力してしまうと、個人信用情報機関に報告が行きます。

申し込みブラック期間は約6ヶ月。1社目で審査落ちならも1ヶ月以上は、申し込みをしないことです。多重債務者にありがちなこの手のブラックは、自らブラックを作ってしまいますので注意しましょう。

収入と返済能力

収入は高いほど審査に通りやすいのですが、既に多重債務者であることから返済負担がどうなのかが問題です。

借金が多い、収入が少ないでは申込もしない方が良いでしょう。
安定した収入であるばかりではなく、返済できる金額の確保が必要になります。

住環境について

独身より既婚者、賃貸より持ち家が有利ですが、住宅ローンの負担が大きいとか、家族が多く生活費がかかっていることも考慮されます。ただ、世帯主ではなく、親と同居しているとか、返済総額がお多いけれど収入で生活費がかからないなどの条件では、ブラックではない場合は有利になることもあります。

信用情報がキレイであれば、住環境も考慮されます。
返済専用のおまとめローンについては、完済できるだけの能力があるかが重要な審査条件です。

多重債務者であることで、自分勝手に審査に通らないと思うのではなく、一度気になるのであれば、申込みをしてみることです。ダメなら、数ヶ月後に再び申込みです。その間に、少しでも返済総額を減らしておくことが大切な条件です。なお、おまとめローンは、消費者金融では総量規制対象外で、年収3分の一以上の借り入れが可能です。