貸金業法と銀行法の違いと多重債務解消

審査の甘いおまとめローンと言うのは、あまりないでしょう。
どの貸金業者も金融機関も、フリーローンよりも審査基準のハードルをあげています。

多重債務解消が目的のはず

おまとめローンを金融機関で多重債務完済代行することが多いです。
申し込みの時に他社借入金額を提示。内容を査定し、おまとめローンできる分だけを算定します。

この時に注意しなくてはならないのは、消費者金融のおまとめローンの場合、総量規制範囲内でのおまとめローンになることです。消費者金融、街金、クレジットカードのキャッシング枠などがその範囲内で銀行カードローンは除外されます。消費者金融側で、その金額から、シミュレーションを出すのですが、人によっては、銀行カードローンが入らないことで、大した額にならないこともあります。

おまとめローンの借入額が低いと、金利が高くて大したおまとめローンのメリットがない場合も多いです。そうなると、多重債務解消もできず、おまとめローンの意味をなさないことになります。おまとめローンの借り入れに関しては、限度額の中にすべての多重債務の分が含まれることが理想です。

これは法律の問題

審査の甘い・厳しいの問題ではなく、貸金業法か銀行法の違いで、おまとめローンに含まれる借金が決まります。クレジットカードのショッピング枠は当然含まれません。しかし、大手消費者金融での中小消費者金融の分は含まれます(審査通過はないでしょうけれど)。

総量規制対象外のおまとめローンですが、これも元金がというわけではありません。一時的に多重債務とおまとめローンの同時に借り入れする時間があります。その部分で総量規制対象外となるだけで、多額の借入が可能ではないのです。

もっとも、年収を越えるような多額のおまとめローンの審査は中小消費者金融でも通りません。審査が甘いと言われるおまとめローン専用の中央リテールでさえ、年収額に近い借入はできないとされています。

銀行のおまとめローン

銀行のおまとめローンは、低金利で借入限度額が高いです。銀行法によるものですが、全てのおまとめローンが可能です。

しかし、ホームページにあるような高い金額はそう簡単な審査では通りません。無担保で保証人不要で、多額の借入はできないですし、多重債務者でもう込みをしている時点で、個人信用情報機関の確認が入念にされてしまい、たいてい審査落ちと言われています。ですから、消費者金融のおまとめローンと言うことになる方が多いです。

借入先を大手消費者金融にしたいところですが、案外金利が低くない場合があります。中小消費者金融のおまとめローンと大差ないと感じたときには、最初から審査の甘い中小消費者金融に相談に行くと良いでしょう。申し込みして審査落ちと言う信用情報に報告されるより、金利が高いけれど、中小消費者金融の甘い審査で多重債務解消の方が気持ちは良いです。