キャッシングのしすぎで多重債務だからおまとめローンしたい方へ

消費者金融カードローン、銀行カードローンの申し込みは最近はとても簡単です。
初めての借入なら、WEB完結ですぐにローンカードも入手で、大手消費者金融なら即日融資も簡単です。年収3分の一の総量規制の借金なら、多重債務者になることもできます。

消費者金融系多重債務者の悩み

それぞれ少額の借入の場合、金利が上限であることが多いです。
大手消費者金融でも17%台程度であり、銀行カードローンでも14%です。金融機関での多重債務はあまり聞かれないことですが、大手消費者金融なら総量規制範囲内での多重債務ができ、貸金業法でも認められています。

ところが、調子に乗ってキャッシングをしていることで、気になるおまとめローンのことが耳に入ることもあります。それは、多重債務を1つにローンにすることで、返済負担が小さくなるということです。

おまとめローンとは?

復数カードの債務を1つのローンに借り換えをする方法です。借入額が大きくなると金利は下がります。それを利用した方法ですが、今よりも全体の元金は同じで金利が低くできるのが、おまとめローンの最大のメリットになります。

例えば、A社50万円、B社60万円の多重債務者が、C社で110万円のおまとめローンにします。
この場合、C社でのおまとめローンでは、100万円以上の借入になり、それだけで金利がA社B社に別々で返済しているよりも低くなる計算です。返済総額が大幅に減額できる点でおまとめローンがオススメな方も少なくないです。

低金利の借り換えがおまとめローン

その低金利と反比例するのが、審査の厳しさです。大手消費者金融でもおまとめローンはありますが、多重債務者での申し込みでは審査は厳しいとされています。

これは、返済が小さくなるのは、債務者側の都合であり、金融業者にしてみれば、結局は110万もの大きな債務になるからです。ですから、延滞していておまとめローンとか、実は返済が危ないから楽しようという気持ちでのおまとめローンの申し込みはしないほうが良いと言われています。

銀行系のローンに借り換え

もともと多額の借入で総量規制無関係の銀行カードローンの借り換えも一種のおまとめローンの形です。楽天カードなどでは借入もワイドです。借り換え目的ですという名目はあるにしても、審査そのものは信用情報で多重債務者の扱いであり、そんなに甘くないのが現状です。

多重債務者のためのおまとめローンですが、実際には、審査甘いこともなく、現実的ではないというのが、大手消費者金融の借入になります。しかし、商品として存在していて、一応口コミなどもありますが、実際にはそれほど高い審査通過率ではないということです。

ブラックリストが中小消費者金融のおまとめローンに申し込む

多重債務者なら、少しでも返済を減らしたいと思うことが多いです。
金融商品では、低金利のローンへの借り換え。多重債務者にはおまとめローンの提案もありますが、審査は厳しいとされています。

また、大手消費者金融の多重債務者では銀行系の低金利のカードローンに借り換えして、少しでも返済が楽にしたいところです。こちらも審査が甘いことはなく、多重債務者にとっては厳しい現状です。

多重債務の内容による

しかし、おまとめローンの言葉があり、商品があるのですから、内容は確認したいです。
大手消費者金融でも総量規制対象外になり、年収3分の一以上の借入ができます。

貸金業法の例外として、限度額のあるカードローンの形ではなく、おまとめローンとして決まった額の証券貸付です。これは、イメージ的には銀行のフリーローンであり、決まった額の借入をした後は、返済専用の借入になります。

返済負担は、おまとめローンで多額の債務になることで低金利が実現して、利用者としては全体の借入が少なく済みます。楽天カードなどでは、1万円でも14%台の金利ですが、おまとめローンにしても同等の金利設定です。ですから、現在高い金利でのそれぞれの消費者金融カードの返済をしている方は、返済負担を小さくできる商品です。

審査は厳しいものが多い

信用情報では、多重債務はわかりますが、その額と返済能力。
遅滞や延滞がなく、できれば毎月の返済額が変わらない計画的返済ができる方優先です。
要するに、現在の大手消費者金融カードローンの返済でも余裕があるけど、もっと良い商品がほしい方向けのものです。

原則ブラックは審査落ち

ですから、大手消費者金融でこれ以上借入ができないから、おまとめローンにしたいと言うのはNGです。ブラックであったり、大手消費者金融で審査落ちしてしまう信用情報では、絶対に借入ができないとされています。

これは、金融事故がある時点でのおまとめローンの信用ができないからです。
あくまでも余裕資金で返済ができ、キャッシングの余裕があるけれど、金融業者にとっては、確実に返済ができるとわかった方しか審査に通らない商品です。ここまでの審査の厳しさでは、そう簡単には対応ではないことがわかります。

中小消費者金融のおまとめローン

しかし、中小消費者金融は審査甘いことで知られている金融業者です。
すでに大手消費者金融で審査落ちで、中小消費者金融のおまとめローンの申し込みに関しては、ある程度の審査要件で借りれる方もいます。この場合、パートやアルバイト、派遣社員などは難しいですが、勤続年数が長い正社員、安定した収入であり、ブラックになっては何かと不都合になる方は優遇になります。

中小消費者金融系のおまとめローンに関しては、金融業者での儲けも検討した上で、本来は審査に通らないだろうという方の審査通過もゼロではないです。申し込みしてみないとわからないことですが、一応甘い審査の中小消費者金融だけは、安定収入を持っておまとめローンの申し込みがオススメです。

ただし、シミュレーションをした上で、返済総額は必ず確認してください。
総量規制以上のおまとめローンでは、高額返済になることも予想されます。

おまとめローンは信用情報が重要商品 甘い審査をどう乗り切るか?

おまとめローンの多くは消費者金融の商品です。
もともと借入が大きな総量規制対象外の銀行系ではおまとめローンはないです。

信用情報が大切

多重債務者であることで、信用情報としてはチェックが入ります。
その多重債務者が、1つのローンに借り換えしたいおまとめローンですが、返済能力が高いことが条件として挙げられることが多いです。

少なくとも、多重債務での金融事故がなく、借入に対しての逸脱していない事実があることもチェックに入ります。多くの金額、総量規制以上でもOKとあったり、貸金業法の例外措置としてのおまとめローンですが、ブラックには貸さないでしょう。理由としては、返済能力がないからです。

甘い審査の中小消費者金融でも

おまとめローンの申込に関しては、最低返済額が確保できたり、返済遅延などがないことはチェックされます。単に多重債務だけが問題で、大手消費者金融の審査落ちでは、正社員で勤続年数が長い方などは有利です。派遣会社勤務だったり、パート主婦では、甘い審査でもおまとめローンは額によっては審査落ちです。

しかし、少ない金額でのおまとめローンや完済できるだけのものがあれば、中小消費者金融の甘い審査が期待できることがあります。これは、確実に完済ができるはずという確証があればの話です。借入額が多少高い。実は、収入の点で来月には完済ができるかも?本当にそれが実現できる場合、金融相談として中小消費者金融の審査甘い内容も一考です。

収入が低いけれど、ボーナス月に当たる。信用情報でのブラックは絶対に回避したいし、借入があるのはまずいので、一気に返済をしたい。

言い方はそれぞれですが、中小消費者金融なら一応こちらの要求を述べるだけの審査のチャンスはあります。甘い審査の中小消費者金融という点で、大手消費者金融の多重債務をなんとかおまとめローンにもっていける利用者もいないわけではないです。

信用があれば

それにしても遅滞や延滞をしていたり、実は債務整理直後では信用もないです。
カード会社と違って、中小消費者金融ではかなり譲歩した審査の要件はあります。

しかし、なんといっても、借入に対する確かな返済ができることが証明されなければならないです。それをどうするか?です。

ブラックリストは辛いかも?

中小消費者金融の審査甘いおまとめローンでもブラックリストになってしまったら、審査は通らないでしょう。

できれば、単なる多重債務者であり、大手消費者金融では余裕がないから、中小消費者金融での借入したい。収入はこれだけ安定しているし、繰り上げ返済も考えている。そんな余裕がある方のためのおまとめローンだと言えるでしょう。中小消費者金融にしても、その要件は同じです。

勤続年数が長い正社員はおまとめローン向き 中小消費者金融の審査甘い申込してみて

正社員で収入が安定している。勤続年数も長い多重債務者では、おまとめローンが最適です。
大手消費者金融でもありますが、中小消費者金融などでも低金利のおまとめローンが存在しています。

低金利だと審査甘いおまとめローンはない?

低金利で甘い審査のローンはまずないです。
上記に挙げた方は、キャッシングやカードローン、ショッピングカードでも属性が良い方です。
正社員と勤続年数が長いことは金融業者にとっては、返済能力が高い証明です。

派遣会社勤務とか、パート主婦と違い、少なくとも退職の恐れがないことが安定した返済ができる証拠です。その信用でのおまとめローンなら、信用情報で金融事故がないのなら、借りれる可能性がとても高いです。

あえて甘い審査?

大手消費者金融でもおまとめローンはありますが、やはり敷居が高いです。
しかし、多少甘いとされる金融業者では、数%の金利差でもおまとめローンが可能です。

極端な例ですが、中小消費者金融でも100万円以上の借入では、金利は15%以上になることは絶対ないです。ということは、大手消費者金融で17%台の金利の多重債務者なら、中小消費者金融のおまとめローンで充分に返済負担を小さくすることができます。属性が高い申込なら、金融業者の審査もスムーズです。

借り換え歓迎のムード

甘い審査の中小消費者金融では、完済してくれる客は大歓迎です。
大手消費者金融より金利が低くなる事実が分かれば、ブラックではないことが必要ですが、中小消費者金融のおまとめローンはオススメです。アイフルなどのカード会社ではなく、フクホーなどで評判が良い中小消費者金融は探してみてください。

ここで、ポイントとしては、返済額を極端に下げないことです。金利が下がったからと少し負担を小さくしてしまうと、結局は同じ金利での返済が続くことになります。

また、臨時返済や繰り上げ返済対応の金融業者の選択も必要です。
中には、多額のおまとめローンで固定の返済額がほしい場合もあります。
審査通過だから良いのではなく、少しでもおまとめローンのメリットを享受したい方は繰り上げ返済などができると、低金利のおまとめローンが実現します。

属性が良くても

5社以上の多重債務者や延滞遅滞がある場合は、中小消費者金融でもおまとめローンは対応しないでしょう。ブラックリストの幅もそれほど広くはないので、とにかく大手消費者金融でこれ以上の借入ができないという時点での申込がオススメです。

信用情報に致命的な異動情報が付く前がポイントであり、借金は少しでも早く楽に返すことがポイントです。属性が良い方こそ、おまとめローンの検討が良いでしょう。

甘い中小消費者金融でも収入安定がおまとめローンの審査のコツ

審査甘い中小消費者金融の中には、おまとめローンの商品も多数あります。
貸金業法の例外であり、総量規制以上の借入ができることで言えば、多重債務者の方には朗報です。

信用情報は関係ない?

基本的に中小消費者金融では、4社程度の多重債務も対応しています。
今欲しいのが4社目の総量規制範囲内のキャッシングではなく、おまとめローンにしたいとなれば、対応が変わります。

中小消費者金融でのおまとめローンでは、特に延滞と遅滞について審査を入念に行うことになります。今まで順調に返済をしていて、ブラックリストは単に申し込みブラックとか、3社の借入申し込みをしただけ。

または、銀行系カードローンの保証会社の保証が受けられない程度の金融事故。確かなことはわからないのですが、中小消費者金融で許容する金融事故であれば、おまとめローンの審査対象になることは多いです。

最大200万~300万円程度のおまとめローンの限度額であれば、多重債務者にとっても救いの場となる場合もあります。ただし、収入を越えるおまとめローンはできないので、ここは注意が必要です。

中央リテールのおまとめローン

中小消費者金融の中央リテールは、おまとめローン専門の金融業者です。
上限金利でも13%台であり、他社借入ができないブラックでも対応しているとされています。

ここの最大の条件は、ブラックリストだとしてもそれが単に借り過ぎであり、遅滞や延滞が絶対にないことです。安定した収入であり、正社員であること。毎月の負担が6~7万円であり、完済ができることです。

そして、最大の特徴として、中央リテールで審査通過した場合は、他社の借入契約はすべて解約しなければならないことでしょう。要するに、返済に徹する気迫が必要であり、その覚悟があるのなら、中小消費者金融ですが、低金利おまとめローンができるとされています。

勤続年数が長く、どうしても完済ができなければならない方。
真面目に返せる、そして東京の会社で直接本審査を受けることができる方優先の審査です。
残念ながら、審査通過率は低いとのデータはありますが、選ばれし多重債務のおまとめローンができることになります。

返済負担に関して、金融業者として多角面での審査をして、独特の雰囲気ですが、中小消費者金融のおまとめローン専門業者としては、話題は多いです。不動産担保ローンにも対応していて、こちらも返済能力が高いことが必要ですが、低金利でのおまとめローン対応になっています。