まとめローンの審査は本当は厳しいもの

まとめローンは、既に借金がある方でも利用ができるローンです。最初から高額借り入れができることから、審査は厳しいとされています。銀行や消費者金融などでも対応していますが、キャッシングなどでの総量規制対象外の商品です。

まとめローンの使用目的が現在持っている借金の完済である場合、一時的な借金を抱えることになります。しかし、すぐに完済をしてしまうことで、その方の借金額がまとめローンだけになり、返済リスクが減少することになります。

審査では、その一時的に大きくなる額、返済に関係する年収の比率などを確認した上で判断されるとされています。ただし、まとめローンでのすぐに他の借金の完済をしない場合、金融機関にはすぐにバレます。ですから、適当にごまかしてということは絶対にしないことが肝要です。

この厳しいとされる審査ですが、条件としては、勤務年数と年収だとされています。返済能力が認められるだけの内容であることが必要ですが、現在の借金以前に、債務整理をしていたり、滞納などの記録がある方については、審査は通らないとされています。

審査が甘いとされる金融機関のまとめローンもありますが、過去の事故情報については、甘さは一切ありません。また、借金額はい問われないのですが、3社以上の金融業者の借金がある場合も、まとめローン利用は難しいかもしれません。このあたりで、どうしても厳しいと判断されてしまいます。