審査通らないおまとめローンに契約できても利息増加の可能性が

おまとめローンは、複数の金融機関から融資を受けている人が1カ所に借り換えすることで、基本的に返済しやすくなるという商品です。ただ、誰もがおまとめローンに借り換えすると有利だというわけではありません。

そもそも、おまとめローンは一般的なカードローンやキャッシングよりも、シビアに審査が行われますから審査通らない可能性が高いといえます。本来であれば、金融機関から融資を受けるときは無理のない範囲内で借り入れができることが理想的です。

病気の治療費の支払いなど、特別な事情を抱えてやむを得ずに借金をする人も大勢いますが、お金にルーズな性格が災いして返済が苦しくなり、おまとめローンへの一本化を検討する人もいるはずです。そのような申込者がいることを踏まえて慎重に精査するため、貸し倒れのリスクを背負わないために、審査通らない人の比率が高めでも不思議ではありません。

おまとめローンに申し込みをしているのに、なかなか審査通らないとお悩みの方は、一本化できれば必ず金利が低くなりメリットばかりだと信じているのではないでしょうか。もしかしたら、借り換えできず今のまま返済していった方が、トータルで支払う利息が少なく済むかもしれませんよ。

例えば、3カ所の金融機関から借り入れをしていて、毎月各社に3万円ずつ返済しているとしましょう。この場合、合計で1カ月に9万円の返済を続けている状況です。おまとめローンに借り換えをしたところ、月々の返済が3回から1回ですむようになり、5万円でよくなったとします。すると、1カ月の返済額はこれまでより4万円安くなるので、確かに負担が軽減されたようについうっかり勘違いしてしまいそうです。

しかし、毎月4万円減少した借金は返済が先延ばしになっただけの話ですので、完済するまでにかかる期間がこれによって長期化してしまうことになります。さらに、返済期間は長ければ長いほど、毎月支払う利息が増えます。完済したときにトータルでいくらの利息を支払うことになるか、あらかじめシミュレーションをしてみると、おまとめローンに借り換えない方が安いというケースもありますので気を付けましょう。

シミュレーションは、おまとめローンを扱っている金融機関のホームページにて、無料で使えるツールがあります。ぜひ、一度計算してみてください。