審査通らないおまとめローンに再チャレンジすべき属性

おまとめローンに借り換えを考えているということは、当然何カ所かの金融機関から融資を受けていて返済が大変な状況にあるのでしょう。金融機関を利用するときには当然審査を受けて通過したはずですが、おまとめローンではそのときよりも審査が厳しめだということをまず知るべきです。

多重債務をしている状態で新規の審査を受けるのですから、どのくらい通りやすいか想像してみてください。まだ借金をしていなかった頃の方が、十分な返済能力が期待されていたのではないでしょうか。このままの状態では、審査通らないとしても無理はありませんよね。ご本人の属性が以前よりよくなっていれば、審査通らない状況を打破できるはずです。

例えば、おまとめローンの審査通らない経験をした当時は、新しい職場に移ってまだ間もなく、勤続年数が短かったとしましょう。それから年月が経過し今も同じ職場で働いているので、審査に十分通る勤続年数になったという場合は、おまとめローンに再チャレンジして契約できることも期待できます。

おまとめローンは多重債務者を対象とした商品であるにもかかわらず、あまりにも利用件数が多いとそれが原因で審査落ちするといわれています。前回おまとめローンの審査通らないという経験をへて、地道に返済を続けていき、借り入れ件数を少なくすることができたとします。今は利用融資先が少ないことから、おまとめローンに申し込みをして審査に通過しやすくなっているでしょう。

以前に審査落ちしたときはまだ雇用形態がアルバイトだったけれど、社員登用で正社員に採用された場合、金融機関から見た信用度が向上していますから審査に通りやすくなっています。他にも、身内の人がなくなって遺産相続をした、結婚をした、年収がアップしたなど、信用度が高まる変化はいろいろあります。

簡単なものでは、携帯電話やスマホだけでなく固定電話を引いたということも信用度アップにつながります。返済が滞った時に解約しづらい固定電話という連絡ツールができたことで、審査に有利な属性が増えたことになるそうです。