>新規の申し込みで全然借りれないならおまとめローンへ

銀行カードローンや消費者金融キャッシングなど、複数の金融機関から借金をしていていると、新規で他社借入をしようとしても全然借りれない状況におちいることがあります。

審査では、個人信用情報機関のデータベースを照会して現在の借り入れ状況がチェックされます。その人が現在どこの金融機関の利用者であり、いくらの返済額が残っているのかなど簡単にわかるようになっています。

融資をする側としては、貸したお金がきちんと返済されなければ商売が成り立ちません。収入金額に対して借入額が多過ぎるなど、滞納の心配がある多重債務者に対しては、どうしても審査が見送られる可能性が高くなってしまいます。

したがって、たくさんの借入先を利用していて、新規で申し込みをしても全然借りれない状況になったら、おまとめローンに借り換えるのも一つの方法です。1本化すればまず借入先件数が少なくなりますし、金利が低くなるケースが多いので利息を少なくすることができます。

金融機関に「おまとめローン」という名前の付いた商品はありますが、おまとめローンというワードが入っていない商品でも同じ目的を果たす借り換えがあります。おまとめローンは、大きく2つのタイプがあるのをご存知ですか。商品名が「おまとめローン」のものと、最初から融資額が大きな「銀行カードローン」を利用するものです。

実際に、おまとめローンについてどんな金融機関が扱っているのかリサーチしてみると、メガバンクなど大手の銀行ほど扱っていないことに気が付くでしょう。おまとめローンが複数の借金を1カ所に集めるために、高い借入限度額であるという特徴があります。銀行カードローンはもとから限度額が高い設定ですので、おまとめローンという商品が世の中に登場したとき、あえてわざわざ設ける必要がなかったのです。

銀行カードローンは消費者金融より低金利ですので、そのことだけでも選ぶメリットがあります。消費者金融などの貸金業者は、通常のキャッシングでしたら貸金業法の総量規制により年収の3分の1までしか借り入れできないという上限が設けられています。しかし、おまとめローンに関しては総量規制の対象外ですので、借金の総額が年収の3分の1を超えてしまっていても一本化が可能です。

もし、現在多重債務者となり毎月返済に負担を感じているなら、ぜひ債務整理を検討する前におまとめローンに申し込みをしてみてください。債務整理で自己破産などをすると個人信用情報機関にそのことが登録されてしまいますので、一定期間は新規のキャッシングができないなど不都合が生じます。一度、おまとめローンを試してみる価値はあるのではないでしょうか。