借入先を減らしておまとめローンを通りやすい審査に

金融庁では、平成18年に貸金業法を改正することで、複数の借入件数の利用で多重債務者となり苦しんでいる人たちの問題を打開しようと取り組んでいました。貸金業法では、総量規制というものが新たに加わり消費者金融などの貸金業者は、年収の3分の1までしか融資ができないという限度額の制限が設けられるようになったのです。

現在いくつもの借入先から融資を受け、月々の返済額に追われているという方は、おまとめローンへの借り換えを一度くらいは検討したことがあるでしょう。おまとめローンを利用すれば債務者が1カ所になるので、借金の返済金額があとどのくらい残っているかなど把握しやすくなります。返済日が月に1日になるだけでも、精神的な負担が今よりかなり軽減されます。

そうなるためには、まず手続きの申し込みを行い、おまとめローン利用者にならなければなりません。したがって、どのような審査基準で判断しているのかを少しでも知ることができたら、審査通過の対策になるでしょう。

一般的のおまとめローンという金融商品は、審査に通りやすいどころかキャッシング審査の中でも比較的難しいということです。そして、最も大切なことは、借入額より何カ所の金融機関を利用しているかだそうです。

おまとめローンを利用しようとしているということは、すでにいくつもの他社から借り入れをしているのですが、審査に通りやすいのは3カ所までといわれています。4カ所より多くなればなるほど、審査落ちの可能性が高まります。残高がわずかで完済できそうなところがあれば、おまとめローンに申し込みをする前にどんどん減らしていきましょう。

銀行カードローンなどの利用者で、残りの返済額が90万円の人が2人いるとしましょう。比べやすいように、属性や返済期間などがほとんど変わらないとします。1人は1カ所の金融業者から90万円、2人目は3カ所から各30万円ずつ融資を受けているとしたら、一見すると審査担当者からの評価はたいして変わらないと思われるかもしれません。

しかし、実際には大きな違いがあり、審査に通りやすいのは1カ所から全額借りている1人目です。カードローンなどに初めて申し込みをする場合、一般的な利用限度額は50万円からです。

1カ所から90万円の借入れに成功しているということは、少なくとも1年は利用し、増額の審査に通過した人だと考えられます。増額が認められた背景には、その人が毎月きちんと返済を守ってきており、日頃の実績が評価されていることがわかります。

一方で30万円を3カ所から借りている2人目の方は、本当は90万円が必要な状況なのに審査で30万円までしか認められなかった、あまり評価が高くない人だと思われてしまいます。この2人を比較すると、借金総額は同じではありますが、新規の融資をする人として信用できるのは、1カ所から高額借り入れをしている人ということになります。おまとめローンの審査でも、通りやすい人だといえるでしょう。

融資の申し込みをすると、審査担当者は個人信用情報機関のデータを照会し、債務整理をしていないか、事故情報はないかなどをチェックします。他社からの借り入れや金利負担なども、個人信用情報機関で確認してわかってしまいますので、ウソの申告をしたらすぐにバレます。1件でも業者数を減らせそうなら、おまとめローンに申し込みをする前に減らすことが、審査に通りやすいすることにつながります。