個人事業主 まとめローン


個人事業主は属性が低いって知ってた?キャッシング、融資の業界で、個人事業主は属性が低いと言われています。属性が低いということは、審査が通りにくいことを意味します。どのくらい低いかというと、パートやアルバイトの下です。最初から申込ができない金融業者もあります。

余談ですが、キャッシングだけではなく、住宅ローンなども属性がとても低く、個人事業主にお金を貸しても返済ができるかどうかわからない、収入が安定しないというのが大きな理由です。

そんな個人事業主のまとめローンというと、これも審査は厳しくなってしまいます。個人事業主にも様々な種類がありますが、法人格にできたり、社会保険、社名入国保である場合、社会的地位が上がります。この場合、一応社長という立場になることローンもできやすくなります。

まとめローンを申し込む時、すでに多重債務であることなどを考えると、なかなか審査は厳しいと言っても良いでしょう。それでも業績の良い個人事業主の場合は別です。収入証明書で、確定申告書などで確りと利益が出ている場合、それでも多重債務であるときは、金融業者としてもまとめローンの審査対象になります。

金融業者では、融資対象の収入部分では、毎月の定期的なものを要求します。これは、毎月の返済ができるという証明にならからで、個人事業主の場合は、この定期的というのが不安材料になってしまいがちなのです。

300万円が一応のライン?


個人事業主の審査は厳しいと言われていますが、もし融資金額が低ければ、その限りではありません。確定申告などをして一定の所得がある場合、その方の返済能力を証明することができます。借入金額が少額の場合は、所得と見合うのであれば、個人事業主、自営業者でも借入ができます。

まとめローンに関しては、会社員ですら審査が大変とされる金融機関のものについては、個人事業主の属性から言うと少しできない可能性が高いと見て良いかもしれません。特に銀行カードローンなどに関しては、高収入の方対象にしていることが多いです。

ある口コミでは、一部上場企業とか、1000万円の年収など、いろいろ噂があります。そして、医師なら、すんなり審査が通ってしまうのも現実です。開業医なら同じ個人事業主ですが、医師となると、それだけで高収入が保証されているわけです。

ということは、儲かっている個人事業主の場合は審査も通りやすいといえますが、医師のように確立された職種というのも、金融機関の審査で左右されるようです。

一般的にまとめローンの場合、借入金額にもよりますが、最低300万円以上の年収が問われるようです。個人事業主でこれ以上、数年間の年収があればなんとか審査対象に上がることができるかもしれません。現在の多重債務の状態や過去の金融事故歴なども関係しますから、一概には言えませんが。

保証がないということでまとめローンができない?


ある個人事業主の口コミですが、懇意にしている銀行でのまとめローンに成功したようです。自分が、全ての金融取引をその銀行で行い、金融事故もなく、順調な収入の上がり方などを証明し、年収が500万円に達した時点で、それまでの多重債務を一掃できたというのです。

自営業にとって、融資先の選択は難しいです。会社として法人格になっていれば別ですが、単なる個人事業主の場合は、自分以外の保証がないことになります。いっその事、保証人を立てて借金をする方がわかりやすくて良いのですが、現在カードローンやまとめローンなどは無担保、保証人不要の商品が多いです。

ですから、どうしてもまとめローンや融資ということになると個人事業主は何かと不利です。先述した方の場合、懇意にしている銀行ということであれば、ある程度の保証を取り付けた事ですが、世の中そのようにうまくいく方ばかりではないでしょう。

まとめローンに関しては、銀行だけではなく信販会社や消費者金融などでも取り扱っています。今の多重債務よりも数%の低金利であれば、返済総額が大きく変わる魅力的な商品です。申込をしたところで個人事業主だからと断られることはないのですが、やはり問題は収入です。

ある消費者金融では、今は保証されるかもしれませんが、来年は?ということを言われたのなら、しっかりとした保証が見当たらないというのです。そこで消費者金融てせは審査拒否ではなく、限度額を大きく下げられてまとめローンにならなかったとの口コミなどもありました。

個人事業主こそ中堅消費者金融のまとめローンがお得?


個人事業主が審査でうるさいことを言われるのは、その資金が運転資金に悪用されるかもしれないという心配もあるそうです。原則的にキャッシングなどは、事業資金として使用するのは絶対駄目です。

所得証明で、事業が思わしくない場合、このお金はどうするのですか?と聞かれることで、審査がうまく行かない事もあるそうです。この申込がまとめローンということになれば、金融機関の心配は増大してしまうことになります。

そこで、消費者金融のまとめローンで、手元に残らない消費者金融が完済をする方法のまとめローンの申込を考えてみましょう。大手消費者金融では難しいかもしれませんが、中堅消費者金融の場合は、この方法でのまとめローンがあります。金利は大手消費者金融などより少し高めですが、普通のキャッシングよりは低いまとめローンなら、返済額は小さくなります。

甘い審査の中堅消費者金融の場合、収入さえしっかり確保できることが証明できれば、相談に乗ってくれます。中には事業ローンにも対応してくれる中堅消費者金融ですが、実は大規模融資を用意しているところもあります。

あまり宣伝していないのですが、ブラックにも貸出をしている中堅消費者金融では、良心的な融資をしてくれるところもあります。個人事業主で、どうしても返済額を圧縮したい方は、考えてみてください。

個人事業主は収入が不安?


個人事業主が新たな融資を考えるとき、これまでの収入とこれからの収入がある程度保証されていることがポイントになります。

そんな事はわからないといいつつも、これがなければ、融資はできません。そうではなく、今ある多重債務をまとめローンとしたい時、その条件としては、金融事故歴がないことが大切です。中堅消費者金融の場合、ブラックでも貸出してくれるところはありますが、それでも個人事業主の不安定な収入で躊躇してしまうことがあると言います。

会社員であれば、本人が多重債務であっても、給料が出ます。しかし、個人事業主の場合は、多重債務の自分が給料を出すことになりますから、どう見ても金融機関としては不安です。申告額を不正しない、所得証明書はきちんとしているのは当然ですが、今借りたとしてもきちんと返済ができますという保証はほしいところです。

審査として相談に乗ってくれるのなら、担保があるとか、そんな泣き落としもできますが、個人事業主や自営業者にしてみれば、辛いところです。公的機関として、日本政策金融公庫などもありますが、ここで多重債務でも対応してくれますが、まとめローンとしての商品はありません。しかし、資金についての相談には乗ってくれ、銀行よりは審査はゆるいです。