消費者金融の総量規制の壁にぶつかったら

クレジットカードやカードローンの利用額が一定になってしまうと、新たな借り入れができなくなってしまいます。これは、予めクレジットカードなどにキャッシング利用額の記載があることで確認することができます。また、それに気が付かず、新規借り入れができない時には、自身の総量規制限度内で借り切ってしまっている場合もあり、それ以上の借り入れは絶対にできないことになります。

返済ができないのなら債務整理です。しかし、返済そのものに問題はなく、返済総額の調整ということで言えば、まとめローンやローンの一本化がお勧めです。総量規制いっぱいに借り入れをしている状態ですと、消費者金融等からの借り入れはできませんが、銀行カードローンでの対応の可能性があります。

消費者金融と銀行の貸金業務については、法律が違います。消費者金融の総量規制は、あくまでも年収を基準としてものですが、銀行としての貸金はその限りではないのです。銀行独自の審査によって、ある程度の貸金を行うことができます。

総量規制でいうと、住宅ローンやカーローンなどは範囲に入らないように、キャッシングに関しても、年収は返済に関する審査の一要因であり、年収の3分の一の総量規制にはこだわらないのです。ですから、消費者金融などで借り入れができない方でも、銀行カードローンの申込の審査に通ることも考えられるのです。

その時に、消費者金融などの借金完済分を借り入れして、その後カードローンの返済をしていくがまとめローンの利点です。この時、まとめローンの利息が消費者金融よりも低いことが条件になりますが、たとえ1%であったとしても返済総額は大きく変わり、返済負担を小さくすることができます。