選択の余地はきっとある!まずはまとめローンから

究極の選択として、まとめローンか債務整理。借金の返済に関係する2つの方法ですが、内容的に言うと、どちらも返済額を下げることができるということです。決定的な違いは、まとめローンは元金は変わらず利息が減るだけ、債務整理の場合は、元金そのものも大きく減らすことができるということです。

そして、まとめローンができる方は、比較的年収に余裕がある方で、まとめローンにした後でもリスクが減ることが多い。一方、年収が少ない方で審査落ちの方は、債務整理敷か選択出来ないのですが、ペナルティとしてしばらくクレジットカードやローンなどの借金をすることができなくなります。

究極も何も、返済が出来ないと悩んでいる方は債務整理しかないということになりますが、まとめローンも一応返済総額を抑える方法とされています。年収に余裕と言うのは、持っている借金の完済のために一時的に、多額の借金をすることになります。その保証が受けられるだけの年収が必要ということです。

ですから、現在200万円の借金を持っている方が、まとめローンとして200万円借り入れた時に一時的に400万円の借金を手にすることになります。それができるかどうの審査が通ることが必要になり、年収に余裕がなければ審査落ちということになってしまうのです。

したがって、最初に究極といったのは、自分の年収で審査に通ればまとめローン、落ちれば債務整理何ていうこともありの話しです。とにかく現在の返済額を小さくする方法として、この2つを紹介しました。

まとめローンの審査については、各金融機関で違いはあります。あちこち審査にいくのは良いのですが、短期間で回ってしまうと余程大変そうと判断されてしまいますから、審査周りをするのには少し時間をあけて行うことをおすすめします。