おまとめローンの審査

何社かの消費者金融で借入をしているキャッシングを1本にするおまとめローン。気になるのは金利や審査です。できれば低金利のおまとめローンで、返済額を小さくしたいところです。

銀行系でも消費者金融系でもおまとめローンはあるのですが、どちらも審査は厳しいと言われています。以下が、審査のチェックポイントとなります。

借入件数

他社借り入れ件数は少なければ少ない方が良いです。
3件150万円と1社150万円では、1社の方が保証会社の信用度が大きいと判断されます。

融資される額が大きいのは消費者信用が高い証です。
3件の方は、1社での借入限度額が小さかから多重債務になっているからとみられるのです。
1社でのまとめローンと言うのは、実際にはないのですが、借り換えローンとして借り入れができます。

申込ブラック

まとめローンは銀行や消費者金融でも取り扱っています。
どこかの金融業者でなんとか1本化したいと思う多重債務者がもアチコチに申込をすると、それだけで審査に落ちます。めどとしては1ヶ月に3社が限界です。この記録は信用情報に半年間残ります。

おまとめローンに限らず、普通のキャッシングも同じです。
お得な消費者金融の公式サイトへの申し込みは立て続けにするのはNGです。

事故情報

既に多重債務そのものが事故情報と扱われることがあります。
それは総量規制限度以上かそれに近い借入があるときです。もう借りることができないのに、おまとめローンで金利負担を小さくして、返済を楽にしたいというのは甘い考えです。

もともとおまとめローンは総量規制対象外の商品ですが、審査の甘い中小消費者金融への申込でなんとかギリギリ契約できることもありますが、大手消費者金融では難しいです。

収入

何と言ってもおまとめローンは、安定しているだけではなく、高収入であることが貸付け条件になります。借入額が大きくなってしまうことから金融機関では、返済額を少しでも多く払える安心感がある方を対象にしています。総量規制対象外のおまとめローンだからこそ、収入の高さは審査でも重要です。

このように、おまとめローンは審査内容が普通のフリーローンよりも一歩踏み込むことになります。大手の銀行や消費者金融などの金融会社では、なかなか審査に通らないと言われています。

多額の借り入れで返済期間が長くなることもありますが。最初から期間設定があり、返済そのものが大変になるケースがあります。一見お得なおまとめローンですがシミュレーションをしてみると、それほどお得ではないこともありますから、良く検討してみてください。